スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事のこととか 

下の写真は食堂です。
約170名が朝昼晩食事する場所です。
基本的にはセルフサービスで、自分で自分の分をとってくるという感じ。
食事の時間はおおむね40分間なので、みな一斉に集まる事になるので、長い行列ができて、席に着くまで、15分くらいかかる事も・・・

この食事ももちろんもとを正せば拙者を含めた皆様の税金から捻出されたものですので、「今日はお腹がすいてないから食べなーい!!」などということは基本的にはゆるされません。
だまって食事を抜くとチェックされて呼び出されて怒られます。

厳密に食数を管理して無駄がないようにしているので、毎日基本的に食べることになります。ただし、土曜の夜と日曜日だけは任意なので、事前に申請することになります。

食事は結構おいしいです。ちょっと味は濃い目ですが、けっこうボリュームもあるし、肉、魚が交互にでますので、たぶん健康的な食事になってるかと・・・
ちなみに拙者にはかなり量が多い・・・特に昼は多めの食事量になっていて、けっこうきついっす。

ということで、訓練中もふくめて協力隊事業活動では、細かいところで節約すべしというポイントが沢山ありますね。
あたりまえですが。

税金の話がでたので・・・
ちなみに、JICAが協力隊員1人を2年間海外へ派遣するにあたって、この訓練から現地の生活費もろもろなどで必要な資金は一人頭約2000万弱かかるそうです・・・
たぶん費用については公的に公開してるとは思うのですが・・・
あまり知られていないかと。

国内のODA予算はここ最近は軒並み減らされていますが・・・・
この協力隊事業だけは低い下げ幅にとどまってるみたいです。
19年度の隊次より、いままで年間3回の派遣だったのが4回に増えました。
1回の隊次で約300人×4回で約1200人・・・

当事者の拙者が言うのもなんなんですがね。

国際ボランティア・・・・
乱暴だけど、隊員は年間1000万の収入・・かもしれませんね。

皆、志は高いですが・・・
食堂

スポンサーサイト

班組織 

今日は班会議があった。

我々の生活は1班~13班まで、各班約13名から15名くらいで生活班とよばれるグループ単位で活動します。
班分けは単純に「あいうえお順」で決められただけなので、派遣国や、語学クラスなどとは一切関係のない人材で構成されています。

すなわち、単純に生活にかかわる活動全体を班で分担して自主的にこなしていくわけです。
各班には班長、副班長、それから各委員(図書・体育・講座・消防)さらに日直や食事当番(皿洗い)、掃除当番などもあります。

ということで、JICAスタッフからのアナウンスや生活で起きた問題や、改善、そのたもろもろを週1回談話室とよばれる共用エリアに集まりミーティングをします。それを班会議と呼んでいたりします。
今週はたいした内容はありせんが、大抵ああしなさい、こおしてください。
あれやっちゃだめってなネガティブな事が多いかなぁ・・・

ちなみに談話室は勉強しあったり、雑談したり、息抜きにもつかってます。

所内はこれ以外にも「派遣国別グループ」「語学グループ」「職種グループ」などなど、活動するためにそれぞれ個別に組織して、リーダを決めて、やるのです。

スタッフはリーダに概要を伝えてあとは、グループ内で出来る限り自主的に活動する必要がるのでまぁ、いろいろと勉強にはなります・・・・
が、リーダはグループによってはいろいろと大変です。

※JICA(Japan International Cooperation Agency)
国際協力機構(独立行政法人)日本の国際協力事業団体で青年海外協力隊(JOCV:Japan Overseas Cooperation Volunteers)事業もそのひとつ。
20070204150143.jpg

訓練事情初級 

本日は日曜日。

ということで、入所から20日ほど経過してだいぶ慣れてきたので、ここ二本松訓練所について少しずつ紹介していこうかなぁと思います。

まず、この訓練所では、基本的に月~土まで課業があり、唯一日曜日のみ「身辺整理」という名の休暇になります。
といっても平日の午後17:30以降は外出がみとめられているので、まぁ、6日間まったっく缶詰状態というわけではないのですが・・・
基本的に週休1日といった感じです。
ちなみに以前までは、土日以外の外出が認められていなかったのですが、去年の隊次より平日の外出も認められるようになったそうで・・・
どうも精神的に追い詰めれられてしまう人が多いみたいなので・・・

なお、帰所門限は20:00。
この門限を破ると退所、つまり派遣中止になるという候補生にとっては非常に重たいペナルティーが科せられることになるのですが・・・
それだけではなく、連帯責任として全候補生約170人も外出禁止令になるとい非常に厳しいものなので、安易には破ることができないのです。

まぁ、ちょびっと軍隊のようなそんな感じかしら?

ということで、日曜は朝から外出が可能なので候補生仲間とふらりんお出かけしました。

訓練所から徒歩約20分ほど山を下ると「岳温泉郷」というちいさな温泉街があります。
といっても温泉宿(ホテル)が十数件あるだけなのでほんとに小さな温泉街ですが、まぁ、そこにちょいっとつかりに行ってきました。
ちなみに二本松市(訓練所のある場所)は協力隊の支援を積極的におこなっていますので、町ぐるみでなにかと協力隊員(候補生)を優遇してくれるみたいで、候補生のIDカードを見せると割引になる場所が沢山あります。
温泉場も同じように、割引になります。

ちなみに今日入った温泉は候補生割引で250円でした。安し。
ってなわけで、まぁ、昼からちょい飲み&ちょいリフレッシュってなぐあい。岳温泉郷

最初のプレゼン 

ということで、本日最初のプレゼンをやりました。まぁ、予想通りメタメタでしたが・・・・
評価は”Good”???よくわからんですが、すでに次週の作成に入らないといけないので、とにかくハードです。
久しく勉強という勉強をしていなかったので苦しんでます。
というか、頭に入りません。おじさんはつらいです。

プレゼン三昧 

来週から英語のプレゼンがあります。
語学は一般的な会話のクラスと、テクニカルクラスといって自分の要請技術に合わせた専門用語をを中心とした語学クラスに分かれます。

ちなみに、拙者はコンピュータ技術という要請内容なのですが・・・
で、そのテクニカルクラスでは、毎週1回30分間という、英語でのプレゼン(実際には授業をする)があります。
もちろん、語学のレベルがえらく低い拙者としては、激しく苦労する予定ですが、そんなわけで、その準備に追われていくわけで、一日中図書室にこもってやってるわけなので、そんなわけなんです。

なお、プレゼン(授業)の内容はPCメンテナンス、かつ、ターゲットは超初心者に指定・・・・
マウスの使い方から全部英語でやるわけです。
意外にしんどいっす。

予防接種 

今日は二回目の予防接種を受けた。
訓練中は毎週火曜日に全12回、そして任国に派遣後に3回で、計15回も受ける。
こんな経験はまず協力隊に参加しなけらば得ることのできないことだが、毎回いやな気分す。一瞬の事なんですが・・・・

任国では、マラリアの予防接種で、月に1回くらいは注射をすることになるとかで・・・
この2年間でかなり注射とはお友達になるでせう。

シャバ最高 

今日、入所以来始めて下界に下りました。
コンピュータ系の仲間と昼から、山から車で10分ほど下りた小さな温泉街で飲み会を開きました。
ずーっと缶詰状態で日々すごしていたので、ささいな事なんだけど、すべてに感動してしまいました。
とくにコンビニ最高!!
ってなぐあいで4000円ちかく買い物をして大満足。
都会すばらしいことです。。。。

訓練の日々? 

ということで、申請の手続きがめんどくさいので、パスワードで閲覧者を制御することになりまして、申し訳ないです。

所内での訓練(履修)が本格的に始まりました。
とにかく分刻みのスケジュールで、次に何をするのかを把握するのが大変なくらい激しい状況ですが・・・

仲間たちと助け合ってなんとかやってます。

今日、語学(英語)のクラスわけの発表があり、自分のクラスは最低レベルのクラスに入り、やっぱりなぁ・・・と思っていたら、再度面接を受けろといわれて(面接は英語オンリー)受けたところクラス替えになってとりあえず、中レベルのクラスに上がりました。

とにかく、宿題、宿題で大変ですが、がんばって乗り切ってます。

個室 

団体での訓練ということで、イメージとしては、6人くらいの班になtって二段ベッドをそれぞれ共用するような軍隊的イメージがありすが、実は各候補生ごとに6畳一間の自室をあたえられます。

結構快適で、こんな山奥の部屋でも寒さに凍えるような事はないです。個室なので、勉強もはかどるかも・・・・ってなぐあい居室

ブログ公開の申請 

昨日コンピュータ系での隊員とネット環境(無線LAN)を整備しました。
これで、とりあえず、訓練の合間をみてブログの更新ができそうですが・・

どうも、協力隊関係のページを公開するにあたっては、機構の承認が必要みたいですので、その申請をするまでは、内情について多くを語れませんので、少々お待ちくださいませ。
(写真とかも)

あぁ、外は吹雪・・・
日曜なのに・・・

訓練開始! 

いよいよ福島は二本松までやってまいりました。
協力隊の訓練の開始となりました。

本日、入所式を行い、国歌などを久々に歌ったりしました。
とにかく入所初日からあれやらこれやらやることが沢山あって、頭の中真っ白ですが・・・・

とにかくあらやる年代ジャンルの人がいて非常に興味深い集団です。

訓練への道 

はじめまして。がみーです。

今年の春に青年海外協力隊に応募しまして、あっさり合格。
なんと任国は東アフリカはケニア・・・

ケニア・・・

青年とは呼びがたい年齢かつ、妻子持ちというハンデ(!)を振り切り崇高な志(嘘)を抱いて参加を決意しました。

そして明日、18年度3次派遣隊の隊員候補生として福島は二本松の訓練機関にて70日間の訓練に行ってまいります。

という訳で、このブログにてささやかな妻子持ち協力隊員の活動を公開していればと思います。

更新は・・・あまり期待しないでください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。