スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニャマチョマ 

今日は前々から、肉が食べたいと同僚に言い続けていたので・・・
じゃ、今日は「ニャマチョマ」を食べに行こう!!とようやく言われました。
いつも行くほったて小屋とは別のもっとおっかなそうなほったて小屋に向かいました。

「ニャマチョマ」とはケニア風焼肉のことで、まぁ、大抵は牛肉を単に炭焼きしただけのを、ぶつ切りしして、塩をたらふくかけて食うっていう極めて原始的な料理ですが・・・・

何回かレストランで食したことがあったのですが、結構おいしいです。
ただし、肉は激しく硬く、とうてい日本ではありえないゴムのような、ビーフジャーキーのような・・・感じですが・・・我輩は肉にありつけるし、ワイルドだし、激しく「おいしく」感じてます。
というか、塩の勢いだけで食っているような・・・

というわけで、激しく不衛生な薄暗い小屋の中で、肉をむしゃぼりつく有様はかなりワイルド・・・・ケニアって感じ。
ちなみに、1食70KSH(ケニアシリング)約120円くらい?

スポンサーサイト

祝ナイロビ脱出 

今日は、昨日ナイロビに上がっていた同期隊員(女子)任地である、キグモと呼ばれる場所を訪問した。
ケニアに来て約2ヶ月。初めてナイロビ市内から外に出ることに。
もちろん、我輩くらいなものなので・・・
と言っても、乗り合いバス(マタツ)で2時間前後ですが・・・かなりわくわくしていたり。
このキグモは地図にも載っていないような小さな町・・・村なので、かなり田舎でした。
ここで暮らす同期隊員(女子)には同情する。
こうも、生活環境が任地によって落差があるというのもどうかとも思う。

まぁ、毎日ナイロビの激しい排気ガスや治安の悪さに脅え思うとおりに行動できなかった我輩にとっては、かなり癒される環境ではありました。

キグモの村の隊員の家

ダウンタウン 

今日は同期隊員がナイロビに上がってきた。
任地の家でカーテンが必要ということで、その他友人と連れ立って、職場のジョージ氏にエスコートを頼みダウンタウンのリバーロードという布生地などを中心に安価に販売している商店街に出かけた。
一人では間違えなく恐ろしくて行けない場所ですが・・・
まぁ、待ちの香りも、雰囲気もかなりダウンタウンぽくて東南アジアによくある場所を彷彿。懐かしく感じました。

風邪っぴき 

今日、朝起きると、喉と鼻の奥が結構痛む。咳も結構でてる。
週明けからちょっと喉がイガイガするな・・・と思っていたところなので、多分風邪だろうと思い、一応熱を測ってみると、7度。微熱。
おかげですこぶるだるい。

と言うことで、ケニアだし、大事をとって本日は職場に連絡を入れ、お休みを。こちらに来て初めての体調不良とあいなりました。
ちなみに嫁からもメールが入って、息子が9度近い熱があるとのこと・・・親子である。

いかにもケニア 

朝、職場に出てメールチェックなどをしつつ1時間くら経過したところ、突然停電。
いつもの事と思っていたら、同僚が「今日は夕方の5時まで工事で停電だよ。」とレターを見せてくれた。
つまり、何も出来ないわけで。「どうする?皆家に帰るけど・・・」

「え?そうなの・・・じゃ・・帰ります。」

と言うわけで今日は午前中あがりでした。家に帰っても何もすることはないんですが・・・
ウィークデーのしかも終日職場を堂々と停電にしてしまうあたりがとてもケニアチック。たいしたもんです。

(写真は職場)

職場

再びのナイロビ国立公園 

昨日、任地に赴任中の同期隊員2名から連絡があり、ナイロビに戻ってきたとのことで、家で一泊。
本日、語学学校で知り合った友人と同期シニア隊員を誘ってナイロビの国立公園に・・・・
ここは、先月ホームステイした時に、ホストファミリーに連れて行ってもらったので、今回で2回目。
本当は車がチャーターできればサファリツアーに出れるのだが、なにぶん行き当たりばったりで計画したもので・・・無理。

ということで、公園内にある、「孤児動物保護園」を再び。今回は園内の飼育員にチップをあげて、チータと触れ合い。
少々びびりつつ・・・が、写真通りで、ただの大きな猫。これ、野生に帰るの??

その後、「ウォーキングサファリ」とうのがあるそうなので・・・そちらへ。
園内に遊歩道(多分1kmかそこいら)が整備されていて、そこをハイキングしながら園内をうろつく動物を見つけて眺めるといった物なのだが・・・・まぁ、ほとんど動物は見れませんでした。
でも、いいお散歩だったのでそこそこ満足。

おっきな猫


ウォーキングサファリエントランス


パーク内遊歩道

50セント 

ケニアの通貨はケニアシリング(KSh)である。

今日朝、出社前にお財布の中を除くとコインに「50」と書かれたものがあった。特に気に留めていなかったのだが、よく見ると財布の中にこの「50」と書かれたコインが大量にあるではないか!!!
数えてみる・・・4,5,6枚。おおっ!!つまり合計300!!けっこうお金持ちだったのだ俺!!
コインは侮れないな・・・などと思いそのままホクホク気分で職場へ。

午後になり同僚と昼食をとっていざ支払い。先日も書いたと思うが、昼食は1食40KSH・・・・
堂々と財布を取り出し、この50とかかれたコインをさっと差出、おつりの10が来るななどと思っていると・・・

同僚が大爆笑!!お金を受け取ろうとしたお店のおばちゃんは困惑気味で苦笑・・・

はぁ?なんですか?

同僚:「がみー!、はは、そりゃ50セントだよ、ひひひっ・・」 「それは80枚いるよ、はははは。」

へっ!?・・・よく見ると「50Cent」と書かれている・・・

50セント硬貨があるなんて今始めて知りました。
はっきりいって、まいりました降参です。

50セント

活動思案 

また一週間が始まり。
今週はフルフルあるので、長い一週間になりそうな。

今どんな活動を中心にやるべきか思案している。
この博物館のスタッフ、特に拙者の現場での直接のカウンターパートであるジョージなどは、PCハードに関しては非常に優秀なスキルを持っており、改めてアドバイスするような内容が今のところ見当たっていない。
もちろん、日本のスペシャリストには到底おいつかないし、細かい所で言えばいくらでもあるといえばあるが、そんなマクロな話をしても仕方が無いし・・・これ以上自分が教えられるようなスキルも持っていないきがするし・・・
とにかく、相対的にここのチームはうまく回っているようにみえる。
まぁ、あまり仕事と言う仕事がないからそう見えるのかもしれないが。

そんな訳で技術的なレクチャーもさることながら、少しマネージメントチックな・・・「システム管理」といった情報システムには無くてはならない部分を指南してみようかななどと考えている。
個人的にはそのあたりはまったく出来ていないと思えるからである。
しかし、この「システム管理」というのは非常に目に見えにくいものであるし、彼らがどれだけ理解し実践できるかは難しいところである。

もちろん、正確に伝えられる語学力もまだないし・・・
などと考えて・・・悩んでいます。

一人の週末 

ケニアに来て初めて1人の週末となった。
活動が始まって緊張していたせいか、ほっと一息ついた気持ちである。

今日はこれから生活するにあたって必要な物や、来週一週間分の食材を調達しに出かけた。
一番の目的はガスクッカー(ガスコンロ)。
イニシャルでは電気クッカー(電熱線で暖める)が設置されているのだが、火力が弱いのと、電気代も馬鹿にならないので・・・
ケニアは公共の都市ガスのようなものは無いので、基本的にプロパンガスを家庭ごとに自分で購入し、なくなったら取替えに行くというタイプ。ちなみに、スラムなどではいまだに木炭が主流らしい。
プロパンガスは大きなスーパーやガソリンスタンドで購入できる。

コンロとレギュレータ、ホース、ガスタンクがセットでおよそ8000円ほどで手に入れて早速セットアップ。まぁ、十分でしょう。
ということで、今日はカレーなどを作ってみたり・・・
平日も夜は出歩けないし、料理でもがんばってみようかなぁなどと思う今日この頃でした。

ガスコンロ

ランチタイム 

今日は昼過ぎから強い雨が降り出した。通常お昼休みは午後1時~2時までだが、傘を持ってきていないので昼飯に出られないのではとちょっと心配していたところ、1時過ぎくらいに小雨になったので同僚とともにランチタイム。
職場から歩いて約5分くらいのところにこ汚いほったて小屋が数件並ぶ場所があって、そこで昼飯を食います。

当初職場内に1つ食事が出来るところがあり、そこだと1食300KSH、日本円でおよそ500円ほどするので、我輩の財政からありえないなぁ・・・と思っていたので、毎日弁当持参するしかないなぁなどと考えていたところ、このほったて小屋のお店はなんと1食40KSH。

メニューはあまりありませんが・・・豆を煮込んだシチューか肉入り野菜スープに、それぞれお米(ピラフ)かウガリ(とうもろこしの粉を蒸したケニアの主食)かチャパティ(小麦粉を練って平たく焼いたもの)のいずれかがついて40KSH。日本円だと70円くらい?
我輩は結構いけるなぁと思った上に、劇的に安いので決まり。
というか、メニューの名前もよくわからんし、ちょびおっかない場所なので、同僚と一緒にしか行けません。

ちなみに飽きたら弁当にします。

恵まれたネット環境 

活動を始めて3日目。主に博物館内のPCトラブルシュートを同僚のジョージ氏と共に回っている。基本的に拙者はアドバイザー的立場で彼が困った時に助けるといった感じ。
障害の件数は1日に大体3,4件ですが・・・
ほとんどがコンピュータウイルスによる対応です。このあたりの対応を計画していかないと、この件数は減りそうにありません。

本日、改築中の新館へ引かれている新しいインターネット回線を切り替えたらしいです。この辺の詳しい説明を受けなかったので、詳細は不明ですが、とにかく劇的に回線速度が速まりました。
ウエーブの閲覧も快適です。

といいつつもいきなり残業でくたくた。
真っ暗のナイロビタウンを恐れおののき無事帰宅。
(日が暮れてから市内を歩くのは激しく危険なので、JICA事務所の禁止事項になっているので、内緒です)

さらに自宅近くにホットスポットを発見しました。これもブロードバンド回線で、電波も強く、こちらも快適です。

恐らく他のケニアでは随一のネット環境を手に入れたかなぁ。などと、ちょっと恵まれた気持ちになりました。

本日より活動開始 

本日より、博物館での仕事を始めました。といってもまだ何わからんので、今週一杯はオリということで、ぼんやりと、館内を案内してもらったり、PCのトラブルシュートを手伝って感覚をつかむってな具合でやってまいります。
あ、ちなみに我輩の役割は博物館内のコンピュータ部門内で、ネットワークアドミニストレータという位置づけで、館内のネットワーク及びサーバ・クライアントに至る各管理者に的確なアドバイスをする立場といったところです。
初日だったので、とりあえず気づかれしました。
彼らの英語が良く聞き取れなくて・・・・
はたして慣れるのだろうか・・・・・

語学訓練終了 

本日、スワヒリ語による語学訓練を終了した。約1ヶ月間という短い期間での履修で、正直きつかったが、先生(ジュリアス)の教え方は大変わかりやすく、基本的な事は理解できたと思う。
後は、どれだけこの言葉を使うかによってスワヒリ語が上手になるかどうかといったところだが・・・・
ということで、この1ヶ月間は日本の訓練所とは一味違った楽しさがあった。

マリム・ジュリアス

ジャンボアパート 

昨日、自分の新しい住居の契約を完了しました。
いよいよ来週から職場へ配属になるので、今週末引越しをする予定ですが・・・
間取りは1LDK。約16畳くらいのリビングダイニングと、8畳のベッドルームプラス、キッチンとウォークインクロゼット。
とても清潔で、家具もほとんどついてます。1人で住むには少々広すぎるくらいです。
ということで、これから2年間、ここで暮らしていきます。

ジャンボアパート


ベッドルーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。