スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーマスオブケニア 

ナイロビ市内には観光スポットとよばれる施設があまりない。強いてあげれば、我輩の職場である「国立博物館」と「ナイロビ国立公園」、そして「Bomas of Kenya」とよばれる場所くらいである。
他にも、「キリン公園」「蛇公園」「ワニ村」・・・・などちょびちょびあるが。(笑)
ご存知の通り博物館は現在閉館中だし、治安の悪さはアフリカ随一に成り下がった街であるので、実際、旅行者等が市内をうろつくなんて事はほとんどできないので・・・・
行くところといえば、国立公園か、ボーマスオブケニアくらいになってしまう。
もちろん、ケニアの観光といえばコースト方面のリゾートか、大規模な国立公園でのサファリゲームがメインになるのだろうが・・
ということで、この週末は「ボーマスオブケニア」なるカルチャーセンターを訪ねて見ました。(実はこの施設の存在を知らず、同期隊員から急遽さそわれた訳で・・・)

前置きはともかく、ここ「ボーマスオブケニア」は「ナイロビ国立公園」に隣接する地域にあり、観光客のツアールートとしてはベスト。どんな施設かというと、ケニア国内の主要な部族の伝統的住居のレプリカなどを見学する公園と、日に1回、各民族の伝統的な「音楽舞踊ショー」(約2時間)を見ることが出来るといったような、言わばカルチャーセンターといった所だろうか。

きのこのおうち


主人の家


観光客向けに作られているので、特にショーなどはこの手の施設によくあるようなデフォルメされたものだが・・・特に外国人観光客にとってみれば結構楽しめる場所ではないだろうか?

踊りと音楽


謎??のジャグリングショー


今般、欧米人などはバケーションシーズンに突入したようなので、白人を見かける機会も増えてきたが、前述の通り、ナイロビ市内には観光スポットが殆どないので、この施設もほとんど外国人で溢れている状況で、スタッフ以外に充血した目のケニア人にお目にかかることをほとんどなく安心できる。

帰りがけに近場にある市内でも有名な「カーニバル」という焼肉レストランに入った。この店もムズング(外国人)で溢れかえっていたが・・・・
ここは一般的な肉はもちろん、日替わりでワイルドミート(ダチョウやシマウマ)などの肉が食べ放題の焼肉レストラン。もちろん、金額も一桁違う高級レストラン(現地人にとって)である。
実は一度シマウマの肉を食べてっみたかったのだが、本日のワイルドミートは残念ながらダチョウのみ。ちなみにダチョウは日本でも食べたことがあるが結構いける。

今回食べた肉:
チキン(鳥)・ポーク(豚)・ビーフ(牛)・ラム(羊)・ゴート(山羊)・ターキー(七面鳥)・オーストリッチ(駝鳥)

うーん。一晩でこれだけの種類を食べる事もなかなか無いのでは・・・と思う1日だった。

スポンサーサイト

想ひ出の雲 

こないだチーズケーキを作った時に卵白とヨーグルトが結構余ったので、「クレームアンジュ」というデザートを作りました。

ふわふわ


実はこの「クレームアンジュ」というデザートには事の外想い出があるというか、想い入れがあって・・・
このふんわり感といいクリーミーさといい、とにかく、乳製品キチガイの我輩は、このお菓子を十年程前にふと入ったレストラン(多分イタリアン)で最後のデザートに食べた時に、「ついに見つけた!!これがミルク菓子の王様だ!!」と決め付けたのだが、しかしながら、当時食べたそのレストラン(しかも限定スイーツだった)は無くなってしまい、且つ、それに勝る「クレームアンジュ」に再び出会うことも無く・・・(味を忘れたとも言う)というか、他のスイーツもいいなぁとか優柔不断まくりまくりすてぃーだったり、そんなんで、いつの日か自分で再現したいなぁとか心の片隅にあったわけで。

本来は「フロマージュ」というクリームチーズを使って作るのが本筋らしいのだが・・・ヨーグルトでもできるよん、という話を聞いていたので、ピーンと思いついてトライ!
実は、この余ったヨーグルトもチーズケーキを作る時にサワークリームが売り切れでしかたなく代用したものだったりして。うーん、運命?

実際、当時食べた奴は、たっぷり濃厚、且つ、クドイほどの生クリームにポワンと浮かんだ「クレームアンジュ」にささやかなラズベリーソースがのってるってタイプだったが・・・
ちょっと想いとは遠いけど、それらしいのができて当時の記憶が甦って薄ら笑い・・・

あいかわらずケニアとは関係ないねた。
・・・そんな日々継続中。
すまない・・・妻よ、わが子よ・・・・

戻ったIDカード 

先月の強盗により、レジデントを証明するIDカードも一緒にパクラレタのだが・・・なぜか、事務所に届けられた。戻ってきた。
タクシードライバーが届けてくれたとのこと。

恐らく、日本人のIDカードは強盗にとって不要なものだったのだろう、パクってそのまま捨てたのをタクシードライバーが拾って親切にとどけてくれたのだと思う。
お金を要求するわけでもなく、自腹でガソリン代だして、届けてくれたという・・・

ケニア人にも心の清い人もいるものだと少しは気持ちも晴れてた気がする・・・

つーか、誰か我輩の愛する「デジ1眼とレンズ2本」も届けて・・・んな訳無いよなぁ・・・

晩餐会 

昨日、ケニア大使公邸での晩餐会に招かれた。
先週から外務省の高官が東アフリカ視察ということでケニアを訪れており、大使のはからいで国際協力関係者を集め、意見交換会を兼ねる形で晩餐会を開き、ナイロビ在住のNGO団体主催者やJICA関係者・専門化・ボランティアなど約15名ほどを招待していただいたという訳だ。こんな機会が与えられるのも、首都ナイロビにいるJOCV(協力隊員)の特権なんだろうが、もちろんJOCV隊員は我輩だけなので、代表チックになってしまい、かなり緊張してしまった。「実は、まだ4ヶ月の駄目隊員一号ですが・・・」とも言えません。

東アフリカでも比較的主要国であるケニアの大使公邸ということで予想通りな門構えにさらに緊張度合いが増加。自己紹介を兼ねて挨拶をしてくださいなどと言われて、頭真っ白・・・招待客の殆どが国際協力という形で貢献するような職種がほとんどで、「博物館でコンピュータ教えてます」ってかなりマクロなレベルのギャップも感じつつも真面目に聞いていただいて少々おはずかし。
ケニアが途上である所以として、難しい堅い話もちらほら出たが、国内の治安の悪さ、ケニア人が組織的活動ができない気質であるといったような2点が一様な意見として一致していたように思える。

とにもかくにも、前回も書いたが大使も含め、外務省の高官も終始なごやかに接してもらい逆にいいささか閉口したが、なにより美味しい「本物」の贅沢な日本食を口にできて激しく感動せり。
まぁ、肩こりましたけど・・・いろんな人と会えるし、いい経験ですわ。

ダニとの戦い・・・・ 

先週ダニと孤独な戦い続けていたが一向に改善されない状況であった。
先週の水曜に「蚊取り線香」を購入し、一箱(10巻)全部を部屋で炊いて1日燻してみた。
翌日、ひどいにおいの部屋で就寝してみたが朝起きるとやはり噛みあとが増えている・・・
こ、これは・・・・もはや打つ手なしか・・・
こ、殺される・・・ダニに・・・

ちょっと焦りを覚えた我輩は、金曜に急遽事務所の保健室に駆け込み、健康管理委員に相談してみたところ・・・

健「あぁ・・それ・・ね。多分、カイセンよ。疥癬。」
我「か、か・い・せ・ん?? ・・・・ですか?ダニじゃないんすか?」
健「そうね。ダニはダニの一種なんだけど、皮膚の中に寄生して次々食われるの。」
我「き、寄生虫すか?」
健「ま、まぁ、そんな感じね。普通はかきむしって虫が落ちて終わりになったりするんだけど、卵を産み付けらて体で繁殖するので・・だれか地方の隊員と接触しなかった?」
我「月初にドミトリー(隊員連絡所)に歓送迎会で泊まりました。隊員には沢山・・・」
健「あぁ、たぶんその時だろうね・・地方から持ってくる隊員がいるから注意するよう言ったんだけどね。」
我「・・・・で、とにかく痒いし、日々増え続けるし・・・このまでは死んでしまうっす。対策は・・・」
健「この薬を飲んで・・・一晩で虫が落ちるので増えなくなるわよ。やられた所の痒みはしばらく残るだろうけど・・・」
我「・・・・・・」

※ 疥癬の原因虫ビゼンダニ
こいつが犯人だ!


もっと早く相談すればよかった!!この半月の戦いはいったい・・・我輩のからだの痒み跡は既に40箇所を超えている・・・

と言うわけで、4錠のタブレットを寝る前に飲んで、翌朝・・・噛み傷増えてない!!
さらに翌日も、そして今日も・・

快方・・・・ヴィクトリー!!
憎っくきカイセン。そして・・・・恐るべし地方隊員。

疥癬についてはこちら
http://www.iwate.med.or.jp/kaisen/kaisen2.html

とれびあーん。 

こっちではチーズケーキをみかけません・・・・
なので、チーズケーキ「キチガイ」の我輩としては耐えられないので作りました。
こっちの材料でも日本のそれと同じものができました。

切る時ちょい失敗したけど・・・絶妙。
日本のそれと同じじゃ。大きな幸せ・・・・また作ろう。

ケニアで有名なパティシエ目指そうかな・・・無理

チーズケーキ

アフターファイブ 

昨日のアフターファイブ、カウンターパートの「へたれ」と初めて飲みに行った。
「週末になったら行こうぜぃ」といい続けてはや早3ヶ月。我輩は住宅費がなかなか出ない上に、赴任1月で強盗に襲われ金なし・・・「へたれ」は「へたれ」で、携帯と財布すられて金なし・・・でお互い「金無い、金無い」の連発で機会に恵まれずようやく実現。
つーか、木曜日ですが・・・
タウンの繁華街のパブ(彼はクラブと呼んでいた)に入り生バンドによるカントリーミュージック(といってもケニアの)を聞きながらちょっと洒落た感じ。

同僚の出身は西部のケニア第三の都市キスムと呼ばれるビクトリア湖畔で、「ルオ族」という部族に属する。「ルオ族」はもちろん、「ルオ語」なるローカル言語を持っているので、彼らが同族と話す時はもう何を言っているかさっぱりである。どうやら、聞くといつも政治の話で熱くもりあがっているらしいのだが・・・
話は飛んだが、彼曰く、あのバンドが演奏してるのは「ルオ」のミュージックだよ。どうだい!熱いぜベーベー!とのりのりだが・・・歌っている歌詞は明らかに「スワヒリ語」

我「ルオの音楽でしょ?なぜ「ルオ語」で歌わないの??」
へ「はは、知らない。ナイロビだから?トゥルテゥ~♪」
我「・・・・・」

よくわからんが。
まぁ、雰囲気良し、ほろ酔い良し、お前に良し、俺に良し、全部良し。

地震 

ここ3日ほど、立て続けに地震があった。体感的にはだいたい震度1~2くらいだろうか・・・
日本では中越地方で大きな地震の被害がでているようだが・・・
ケニアは地震がほとんど無い国と聞いていたので、最初は面食らった。
考えてみれば、ケニアも火山地帯だよなぁ・・・マウントケニアもあるし、大地溝帯も・・・そりゃねぇ。

こっちのビルは無論耐震対策されたビルではないだろうから、震度4くらいで崩れまくるんではないだろうか・・・・
そう思ったらかなり背筋が寒くなってきた。

地震のあと、ケニア人の反応もすごい。その恐れ慄き様といい・・・地震の話題だけで、30分もぺちゃくちゃやってる。まぁ、地震の数が少ないのだろうけど・・・

いやはや、おっかないことばかりで・・・髪が真っ白になりそう。

なめらかぁ~ん 

こっちにはプリンがありません・・・・
なので、プリン好きの我輩にとって耐え難いことなので自分で「なめらかプリン」作りました。簡単なので。

取り出す時にちょい崩れたけど・・・うまし。
日本のそれと同じじゃぁ。小さな幸せ・・・・癖になるかも。

つーか、ケニアに来てこんなんばっかでいいのか?俺。

ちょっとカラメルが・・・

ダニに殺される 

先週の頭くらいから、体中に激しくかゆみを伴う発疹が。
見るとダニに噛まれたように転々とある。それが日々増えていく。

いままでこんなことは皆無だったので、おそらくこの間の歓送迎会(カリブ・クワヘリパーティ)で一時ドミトリーに宿泊した際に、そこでテイクアウトしてしまい、家で大繁殖したみたいだ。

週末に大掃除をしてシーツ、毛布を洗濯、ベッドも表に出して1日干しておいてみたが、翌日も噛まれ跡が増加。なにぃっ!!

今の時期、日中の日照時間がほとんどないためダニを殺しきれないのかもな・・・

翌日、DOOM(おぉ強そう)という殺虫剤を買ってきて1本まるごとベット、部屋に大噴射。

強そうなDOOM


翌朝・・・・ぬぉーまた、食われてる!!!

・・・ダニ強し・・・つーか、ほんとにダニか???

この2週間で噛まれ跡を本日数えたら38箇所。

ここだけで7,8箇所


われながらすごい。つーか、かゆくて眠れん。
いまのところ貴重な「ムヒ」で抑えているが、底をついたら・・・
うーん。このままではダニに食い殺される。いや、かゆみで狂い死にしてしまう。
妻に「バルサン」等の緊急補給を要請するも、既に遅すぎる!!

こないだ聞いた情報によると、「蚊取り線香作戦(ベッドの下で炊く)」が効果があるということみたいなので、早速やってみます。

はたして君は生き残れるか!?

へたれ君残念 

 カウンターパートの「へたれジョージ君」ですが、JICAが窓口になって自治体が受け入れる、「外国人研修制度」に昨年10月に申請して、審査中でしたが木曜日に電話連絡があり、結果が通知されました。
 残念ながら不合格・・・・いやはや、毎日のように日本に行ったら「あーしたい、こーしたい」と話していたが、夢かなわず。落選の詳細はわからないけど、金曜から会社に来ていない。理由は不明、落ち込んでるのか・・・・電話も通じないので事情もわからん。
我輩としてはカウンターパートを失わなくて済むので、ホッとしている反面、ちょっと可愛そうなような複雑な心境でもあるんのだが、とにもかくにも、会社サボルなよぉ。そのへたれ振りの姿勢が見抜かれたんじゃないの?とか思ったり。

博物館 

火曜の午後から職場のネットがダウン。昨日一日はまったく駄目で、今日の夕方ようやく復旧。約2日間ネットがダウンするなんて、日本では考えられん。

と言うわけで、今日は配属2ヶ月目にしてようやく願いかなって博物館の案内をしてもらう事ができました。
現在拙者の勤める博物館はビルの老朽化に伴う全館増改築工事中で博物館自体は閉館中なんですが・・・
だいぶビルも完成しつつ70%くらいっすか・・・あとは一部の内装と家具類、展示品等を入れ込めばって感じ。

博物館前中庭


同じく移転予定の新しいオフィスも見せてもらった。
一応今時っぽいオープンスペースのオフィスで、室内も今いる場所よりははるかに明るく綺麗。
早く移りたいなぁ・・・・ってなところです。

新オフィスビル

ナイロビゴルフ 

 今日、同期とゴルフに行きました。ゴルフはナイロビに来たら必ずやりたいと思っていた事の1つなので、ようやく3ヶ月目にして実現したといったかんじですか?
 ナイロビには、沢山のゴルフコースがあるのですが、今回はかなりリーズナブルなポイントみたいです。「ホースレースゴルフコース」と言うらしいですが、競馬場の中にゴルフコースがあります。フィーは9ホールハーフで1200ksh(約2000円)+キャディーフィーが300ksh(500円)くらいなのでかなり安い。コースも良く手入れされていて、非常に綺麗。今回は、午後からだったので、9ホールハーフで回りました。
 まぁ、スコアはボロボロなので、書きませんが、かなりいい気分転換になりました。

はるか遠くに競馬場のコースが・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。