スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急帰国 

ということなんですが・・・

ブログも飛び飛びの歯抜けでなんのことやらって感じです。

ちょっと自分が思っている以上に、心が疲れすぎちゃったので・・・まぁ、ちょっと駄々こねたり、もたもた悩んだりしていたのですが、最終的には顧問医に「もう、さっさと日本に戻って休んじゃおーよ。」とあっさり説得されて、急遽日本に一時帰国する事になりました。

まだ治安、政情も不安定で、行き場もなく踏ん張ってるボランティアには非常に心苦しいんですが・・・一旦帰ります。2、3週間休養します。

んで、約1年ぶりの日本・・・帰国に想いを馳せていた割には・・・意外にもあっさりしたものだった。そんなに世界が変わって見えるわけでもないし。ちょっと拍子抜けした気もした。

そして、何よりのお薬となる、我が息子との再会。
日本への到着は夜だったので、どうせ寝ているし、翌日一呼吸おいて再開する算段に嫁と合意。焦る心を抑えつつ、翌日、保育園に迎えに行く。

やや怪訝な顔つきだが・・・「父さん!」と呼びかけられる。

日本を発つ前は「あー、うー」しか言えなかったあの赤ん坊が・・・今や「父さん!」と呼びかける。涙をぐっとこらえる。すっかり子供になっている。手をつないで歩ける。問いかけに答える、問いかけてくる。会話が成り立つ・・・全てに涙がでる嬉しさだった。
この父親に気を使うとは、なんて心優しい子なのだろう・・・親馬鹿か?
まさに「目に入れても痛くない」とはこのことだろうと思える。

1年とはいえ、よくぞここまで無事に育ててくれた・・・我が愛すべき鬼嫁。

ほんとうに感謝。。。感謝。

で、でも、・・・1年ぶりなんだから、邪魔者あつかいせんと、もうちっーと拙者にもやさしくしてくんろ。

スポンサーサイト

疲労困憊? 

最近更新がおざなりなんですが、いやはや、まだ避難中です・・・

なんだかんだ1月近くホテルに缶詰になりまして、精神的にかなり来ちゃいましたが、ようやく明日セントラル(ナイロビ近郊)エリアの安全と思える(!)地域についてはお家に帰れる事になりました。つまり拙者は帰れるということです。
まぁ、これも今日事務所からのGOサインが出ればって事なので、確定という訳ではないのですが・・・
いずれにせよ、地方の傷跡の大きい地域のボランティアなぞは、まだまだ帰れる見込みがたっていないって事なんで、なんだか複雑です。
それに、精神疲労も困憊だし、モチベーションは下がりまくってどうしようかなぁ。

ほんとは書きたいこと、言いたいこと、沢山あるんですが・・・

今はまだ・・・そのうちいずれ。

ってなぐあいで、あと1年ちょっと・・

どうなる?どうする?どうにかなる・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。