スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我輩の成長と息子の成長 

最近、妻からWEBストレージにアップされた息子のまとまった写真を見ることになった。ネットの回線速度が遅く、かつ仕事をしながらなので、まだ全ての写真を見切れていないのだが・・・

我輩が日本を発つ時、息子は1歳半で、ようやく「よちよち歩き」を始めた、まだ赤ん坊の面影を残していた。
そんなイメージのまま半年経ったわけだが、直近の写真を見てその成長ぶりの速さに正直驚いた。無論、妻とは月1の電話や定期的なメールで息子の成長ぶりを聞かされてはいるのだが、あくまで自分の想像するイメージの中で作られた息子のイメージである。
写真から見る彼は、明らかに我輩の知らない、表情を見せている。そして、赤ん坊ではなく子供の表情になっているのである。「よちよち歩き」が今は公園を駆け回り、あらゆるものに好奇心を示し、時に駄々をこねたり、嘘泣きをする知恵もついてきた。
息子

「三つ子の魂百まで」という。

この3歳までの期間・・・もっとも人間としての個を作り出すこの時期に、父親不在という息子の環境にどのような影響を与えているか・・・

正直、毎日自問する。彼に愛情を沢山注ぐべきこの時期に、はるか遠くのアフリカなぞに・・・これでよかったのだろうか?

我輩は物心がついて以来30年余り、きわめて閉塞的な社会の中で生きてきたと思っている。この狭い世界で、日々に流されて生きてきた。
そんな中、世界に目を向ける妻の影響を受け、自分もこの狭い世界から飛び立ちたいと考えるようになった。

息子2

そして、息子の誕生。この子にも世界を見てもらいたい・・・

狭い世界で生きてきた、我輩に何ができる?彼に何を伝えられる?
彼が「世界を見る目」を持つ為に・・・

自分が先駆になって飛び出すしかない。今すぐ。
そう考えて今、ここケニアにいる。
育児を放棄した言い訳ではないはずだ。

来月息子は2歳を迎える。
我輩が帰国する1年半後、彼は3歳半。どれだけ成長しているだろう・・・

彼の成長に負けないよう、我輩も彼に伝えるべき「世界を見る目を」鍛え、養い、成長させなければならない・・・

あと1年半・・・

スポンサーサイト

コメント

何だか深い内容だった~
がみさんがケニアに旅立ったのにはそんな理由があったんだね~
でも、そういう気持ちは必ず伝わるはず!その気持ちを忘れず頑張って!
しっかり者の奥様がついてるんだもん、大丈夫よ☆
それに、息子ちゃんの笑顔、がみさんに超そっくり~(゚∇^*)♪

>hirame
うちの子もだいぶ子供らしくなってきたでしょ?でも相当ちびちびです(笑
そのあたりも我輩の子供の頃と似てたり・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomosafari.blog82.fc2.com/tb.php/106-2c8aa244

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。