スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペレーションコードネームイズ ”アイリーン” 

部門秘書のアイリーン。
年は四十後半、当部は元より、博物館の就業者の中でも最古参の類に属すおばさんです。とにかく良くしゃべるし、うわさ好きだし。よく話しかけられる。
我輩、英語はへっぽこなのは言うまでもなく、スワヒリ語は英語でいっぱいいっぱい、なのでぜんぜん努力していません。
ま、その辺りは理解してもらっているのだが、とにかく早口で聞き取りにくい言い回しかつスワヒリ語混在でまくし立てるので、いまだに毎回最低3回は聞き返します。そんな、へっぽこぶりを察してか、朝から顔を合わすたびに、叱られたり、ちいさな嫌味を言われたり。

隣の電話がなる。結構集中してたりでほっとくと・・・
「トモロ!!なんで出ないのよ?電話でなさいよ!!」
「だって、僕の内線じゃないもん。命令しないでよ・・・」
「命令じゃないわよ!!ここはあんたのオフィスでしょ?」
「え、でも違うよ、一時的にここのデスク使ってるだけだから・・・」
「とにかく今は、あんたのいるオフィスなんだから出なさい!!」
「・・・わ、わかりました・・次はでるよ。ごめん。」

朝から、さっさと自分のデスクについてメールチェックなどしてると・・・
「あら、トモロ!いつからそこに?私はずっと受付にいるから、皆の顔を見るはずなのに、今日はみなかったわ。ふしぎねぇどうしてかしらねぇ?」
「いや・・僕が出社した時、あなたボスの部屋で何か話してたでしょ?だから・・・」
「あら、でも顔を見たらどんなときも、必ず挨拶ぐらいするものよ?無視はだめよ。」
「そ、そうだね。ご、ごめん。」

まぁ、なんだか日本の社会だったら原則中の原則的な事なんだけどね。最近そんなことも忘れちゃってるようでちょっと耳が痛く、なんか誤ってばかり。
たまにカチンときたりもするけど、こちらのお願い事はしっかり親身に対応してくれるのでまぁ宜しげ。

※ 我輩の名はトモノリだが、なぜかこの人だけトモロと呼び、なんども「違うんだけど」と言っても全然なおらないので、あきらめてそう呼ばせることにした。

そんな彼女の写真を毎日撮らされている。1日1枚。で、「何日か後にアメリカにいる息子さんにまとめて送りたいの。」だそうです。
とにかく毎日撮る場所は色々変えるんだが、ポーズがいっつも同じでしかもしかめっ面。「息子さんに送るなら少しは笑えば?」と言うと、「威厳がありそうでいいのよ。」と相変わらずしかめっ面。
「そんなことより、私おなかが出すぎよね?そう思うでしょ?」などと聞かれるので、「そうは思わないよ」などとお世辞をつくととても上機嫌になったりで・・・
愛燐

そんな、愛すべき彼女をみているとなんだか和んでしまうのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomosafari.blog82.fc2.com/tb.php/138-55c6aa25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。