スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃えるケニア 

先週から、ケニア人が燃えまくっている。と、実はなにかに熱狂しているというわけではなくて、ほんとうに燃えてしまっているのである・・・というと犠牲者には激しく不謹慎な言い回しなんだが・・・

先週の木曜日にナイロビの市内中心に位置する大手スーパーの「ナクマット(Nakumatt)」 Downtown店が火災にあって全焼。昨日あたりの発表だと47人が犠牲になったということだ。このスーパーは我輩も頻繁ではないものの、時折利用するので人事ではないのだが・・・とにかく目撃した友人によれば今まで見たことないほどひどい火柱があがっていたとか・・・ちょっと寒気。翌日出社前に、通り道なので、野次馬根性丸出しで見に行ったが、まだ見物人が大勢で、実際現場は一晩経ってもまだくすぶっている感じで、辺りは白い煙につつまれているし、警察が火事場強盗を警戒しているのか物々しい状況で、なんだかわからんけど混乱してシュプレヒコールがあがっているしで、異様な雰囲気だった・・・
そんな悲惨な話も冷めぬうち、昨日ナクル(ケニア中部の中都市)近郊のモロというところで、タンクローリーが横転。ま、タンクローリーが横転するなんてのはよくあることなんだが・・・付近の住民が漏れ出したガソリンを盗もうと必死で群がっている所に火が引火、地獄絵図と化し・・・今日の新聞では111人が焼死、178名が入院などと書かれている。さすがにこのニュースは日本でも報道されたのかな?まさに狂気!!
今日の新聞

国の対応や無能ぶりには正直あきれて、職場の同僚も口々に批判。
「ナクマットの火事は、消防署からは数百メートルと離れていないのに!!」なるほど・・

まぁ、ナクマットの火災はともかく、昨日のローリーの件はどう?死んだ多くは子供や婦人だと書いてあるけど・・・ここぞとばかりに群がるケニア人、おととし末の選挙混乱のどさくさ強盗達・・・すごく絵図らが重なるわけで・・・無くなった人には申し訳ないけど、自業自得ということも言えるのではないのかなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomosafari.blog82.fc2.com/tb.php/162-a37e0633

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。