スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強盗 

ケニアに来て2ヶ月・・・
このタイミングで強盗に襲われました。

早朝、地方に住む友人に会う為、ナイロビのタウンから地方に下る乗り合いバスに乗ろうと、タウンまで行き、乗り換えの為ダウンタウンを通過中、背後から、4,5人のギャングに羽交い絞めにされ、金品全て奪われました。
(自分が確認できたのは若い男4人まででしたが・・一瞬の事で正確な人数まではわかりません)

具体的には、背後からいきなり首を絞められた為、気を失ったらしく、路地でふと気づくとあらゆる持ち物を奪われていました。
気を失ったおかげで抵抗する余地が無かった為、怪我は皆無でしたが・・・
おそらく今日は祝日の為、タウンの人通りも少なく、しかも小雨が降っていたので、強盗をするにあたっては絶好の日和だったのでしょう。手薬煉引いていたところに、我輩はカモだったんだと思います。

行く前からかなり危険な雰囲気をかもし出していたので・・・・前日に同僚にエスコートを頼み、事前に安全なルートたる場所を案内してもらうほどこちらも相当警戒していましたが・・・・

そんなのもあり、頭の中では注意していたけど、多分大丈夫だろうと、たかをくくっていた部分もあったのでしょう。うかつでした。

彼らが襲うほんの直前自分を追い越し、路地の入口でいきなりとまった奴がいたので、あ!来る!と思った瞬間。首に腕が入っておそらく数秒で落ちました。

どうしようもなかったと思います。
きっと彼らの手際の良さは本当にプロだと思います。
セキュリティークラークの話だと、近辺を生業にしている性悪なギャング集団がいるらしく、恐らく彼らに狙われたのだと言う事です。

損害は現金でおよそ5000ksh(約10000円)デジタル一眼レフ+レンズ2本。携帯電話。2日分の着替とメガネ。それから、レジデントのIDカードと部屋のキー。

とにかく、彼らは容赦がないので、幸いにして怪我もほとんど無く非常に幸運だったとはいえますが・・・・
ここにきてこの国の治安の悪さを、はたと実感させられました。

3連休ということもあり、警察も動いてくれませんので・・・と言っても犯人が捕まるのは期待してませんが。週明け早々警察に被害届を出しに行く予定です。かなりブルーですが、精神的ダメージもほとんどありません。そのあたり楽天的な性格なんだと思いますが・・・さすがに妻子の顔がよぎりました。
ここに家族のいること・・・その責任の重さだけは、もう一度考えなおす機会になった。(まだ、こんな国のために死ねない・・・)
妻には心配をかけた。

スポンサーサイト

コメント

びっくりしました。ほんと命があってよかったです!ただほんとに治安が悪いのですね、想像以上ですね。これからも危険な目にあうかもしれません、十分お気をつけてください!!

とうとうやられたかぁ

怪我もなくなによりでした。ホンとに気をつけてください。(一人身ではないので・・・)

>じゃりんこ
いやはや、お気遣いありがとう。まぁ、基本、時間と場所に注意すれば、かなりリスクは減るんですがね・・・おっかない所です。

>BlueCrush
2ヶ月でこれです。2年間無事でいられるか不安になってきました。もしもの時は嫁、子供頼みます(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomosafari.blog82.fc2.com/tb.php/58-0e64ce9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。