スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリスオフィス 

今日警察に被害届と保険請求する為の損害証明書を書いてもらう為、出頭。警察署には同様に損害証明書を待つ人々でイモ洗い状態。
一般のケニア人だと、数日まったりするらしいです。
今回も3時間は待つな・・・と同行した事務所のセキュリティクラークの助手が言っていましたが・・・なんと、彼のコネとちょっとした袖の下で2分で終了。
まぁ、あっさり終わったので楽は楽でしたが・・・特に事情聴衆を念入りにやるわけでもなく、単純に物品被害の事実だけ聞かれてレターを手書きでさらさらっと書いて、はい終わり。

つまり、犯人は最初から捕まえるつもりもないわけで・・・極めて事務的。予想していた通りですが・・・
とにかく「ほんとうなら殺されててもおかしくいからね、よかったね。」とかそんな言葉ばかり聴かされてそっちにがっくり。

同行のセキュリティクラークは帰りの車の中で・・・

セキュ「2分ですんだよ!俺のコネがあったからね!よかったね。」
拙者「そ、そうだねありがと」

セキュ「ランチ食えっていって袖の下も200ksh(約350円?)渡したからな。これは必要なんだよ。わかる?」
拙者「ま、まぁなんとなく」

セキュ「まぁ、200kshの事は気にしなくていいよ。」
拙者「そ、そうね、どうも。」

セキュ「200kshだけどね・・・速く終わってよかった。」
拙者「・・・・ありがと、君のおかげだよ・・・」

どうも、3時間を数分で片付けた彼のコネや袖の下についてアピールしたかったらしいですが・・・無視してやりました。

というか、まぁ、常用的にこの国は袖の下が方便のように使われる訳ですが・・・・警察なんかは最もあこぎで、こうしてお金を稼ぐというのが通例。路上で交通整理にあたる警官が適当に車を止めていちゃもんつけて、堂々と賄賂を要求する始末。

貧困、失業がこの国の治安の根本かもしれませんが、警察がこれじゃ良くなるはずもなく・・・
こうやってはるばる日本からこの国の為に活動している僕らの意義ってなんだろうと・・・・俺を襲った強盗への憤りもともかく、空虚で途方にくれます。

スポンサーサイト

コメント

つらいね

こっちも賄賂って当たり前って感じだよ。
スピード違反もちょっとお金渡せば免除ってことも。

まぁ、お互いそんな国にいるんだと思って、生活しよう。

でもくれぐれも気をつけてね。

>よっぴ
もう、ほんとにすれ違うケニア人全てが悪人に見えてくる(笑)楽しみもあるでしょうけど、十分注意していきましょうね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomosafari.blog82.fc2.com/tb.php/60-8129d67c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。