スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な終焉 

キスム3日目、一応カウンターパートのへたれ氏から連絡が入れば、どこかに連れて行ってもらおうと思っていたのだが、音沙汰がないし、そもそもどうでもよくなっていたので・・・
この日は、同期に聞いて郊外に「赤道記念碑(Equator Monument)」があるというので行って見る事に。記念碑なので記念になるかなぁ程度でと言うし。
キスムから北に、マタツで30分ほど。ウガンダとの国境の町、「ブシア」へ向かう街道沿いに「マセノ」と呼ばれる小さな村がある。
かなりのどかな田舎道・・・・

のどかな田舎道


そこに、そこにぽつんとモニュメントが立っていた。

「・・・しょ、しょぼ・・・」

実は、訓練所にいた半年前、訓練スタッフであったJICA職員に30年ほど前に協力隊員としてケニアで活動していた頃に撮った写真のスライドで見せてもらった事があったのだが、その当時のモニュメントとまったく変わらず、相変わらずそこにあった訳で・・・そういう意味ではとてもすごひと思ひました。

赤道直下


その後タウンに戻り、昼食を取ったが、あいかわらずへたれ氏から連絡はない。

時間つぶしに、キスム駅を見に行くことにしました。キスム駅はケニア国内を東西につなぐ唯一の鉄道であるケニアレールウエイの西の終着駅でもあります。
こじんまりした佇まいでしたが、情緒のある田舎の駅って感じ。1日、貨物も含めて数本の列車しか停まりませんが・・・相変わらずのんびりした空気の中、駅の中をぶらぶら見せてもらいました。プラットホームはもちろん、線路の上もご自由にと・・・

キスム駅

終着駅

線路は続くよ・・・


駅の反対側は、ビクトリア湖畔に隣接していて、フェリー乗り場があるとの事なので線路ずたいにプラプラ向かう。
これといった物は無かったが、朽ちた貨客船が放置されていたり、ウガンダへ向かう小型の貨物船に忙しそうに荷物を積む乗組員の動きなどをぼんやりみながら、平和な時間をすごしました。

フェリー乗り場


その後タウンで夕食の買出しなどをして、アパートへ戻る。
アパートへ戻ったはいいが今度は停電。停電のせいで給水ポンプも止まっており水もでず途方にくれていると、同期が帰宅。直後、電気は復旧したが、水は相変わらず出ず、少ないミネラルウォータでなんとか食事を作り一安心。

そこで、ようやくへたれから連絡が入った。
「連絡できなくてごめんなさい、いろいろ予定が狂って・・・・、明日帰っちゃうんでしたよね?来週また戻ってきませんか?」

んだとぉ~??戻ってくるか!!つーか、そんな金は無いっつーの。

「いや、もういい・・・君と君の家族の帰省休暇だからね・・・俺は二の次で。再来週、会おうね・・いい休暇を・・・」

というわけで、案の定、期待しなくてよかったぁ。と自分を褒めつつキスムに来た目的が・・・
まぁ、いっかぁ。就寝。

翌朝、9:00発の便でナイロビへ戻るバス乗り場へ向かう。
結局、水は朝まで復旧せず、アパートのレセプションに行くと、昨日の停電で給水施設が稼動できなくなったみたいで、近辺全域の水道が同じ状態との事。週末にかかるから多分最低3日は復旧のできないよ~などと言われてました。
やっぱケニア、これがケニア・・・・かわいそう、同期・・・

そんな、同期に送られつつ、ぼんやりした旅行も終焉へ。また8時間、激しい悪路にうんざりしつつ、あれっ、実際は行きより帰りは楽だなぁ・・・と感じ方もちょっと変わってたりしながらバスで寛いでいました。

「遠足はお家につくまでが遠足です」

帰路も残り3割ほどになった頃、突然バスがエンスト・・エンジンがかかる気配は無し。
マジですか・・・見渡す限りのサバンナの道にバスがスポイル。
確かにね、想定にありましたけど、そんな初旅行でビンゴですか?
確立高すぎ、ケニア・・・
ケニア人にはよくあることなんだろうね、彼らはあせる気配なし。

1時間ほど再度動き出すバスに期待していましたが、雰囲気でだめっぽい・・・
乗員に聞けばもう駄目なので、後続のバスの空席に順次乗り換えてください・・・と。

この写真を撮った直後立ち往生・・・


さらに1時間ほど待って、ようやく空席のあるバスに乗り込みナイロビへ再出発。
一時はどうなることかと、明るい内でよかった・・・

予定より2時間オーバーの午後7時頃ようやく我が街に到着。
日が暮れると激しくおっかない街なので、早々にマタツをひろってお家に帰ってきました。

もうくったくた。風邪も悪化した感じだし。熱い風呂はいって寝ました。

ってなぐあいで、まぁ、キスムはいい街だったし、最後はあせったりもしたけど、くだらないブログのネタにもなったし、振り返ればよい経験をした4日間だったと思えるわけで・・・

こんな具合でほんとうに残り20ヶ月、どんなことが起こるやら想像もできないケニアの日々に乾杯!

※ キスムの断水はこの日の夕方までには復旧したそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tomosafari.blog82.fc2.com/tb.php/85-d9c3a00a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。